ベクトルの…
提督やめました☆ミ
プロフィール

ベクシ

Author:ベクシ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
著作権
2009 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. 2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved. 当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。 許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。 レッドストーン公式サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログパーツ
・異常抵抗計算機

・攻撃速度計算機
   ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.03.14_20:48
「あの、すみません。もう一度お願いします」


PCの前で、俺は独り呟いた。
無論それが何を意味するか分からないわけではないが、ただ、その現実を容易に認められるほど俺の心には余裕がなかった。


カチ、カチ―。


更新のためのF5キーをクリックする音が部屋に木霊するにつれ、ベクトルの表情は曇っていった。
そして、その現実を理解すると共に悟った。


「あと、1年か―」


自然と口から漏れたその言葉は、的確に俺の現状を表していた。


だが、実際には可能性が完全に無くなったわけではない…のだが。
大学の後期試験は、地震のためにセンター得点と調査書のみとなったのだ。


そして、俺のセンター得点は怖ろしいほど低かった―

(完)




言葉にできないので絵でも描いてますね。

この記事へのトラックバックURL
http://vector2009.blog99.fc2.com/tb.php/97-1c732b83
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。