ベクトルの…
提督やめました☆ミ
プロフィール

ベクシ

Author:ベクシ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
著作権
2009 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. 2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved. 当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。 許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。 レッドストーン公式サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログパーツ
・異常抵抗計算機

・攻撃速度計算機
   ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター

2014.02.08_01:58
相も変わらずドアップ絵の質感ばっか。
あつぬり


下記には自分の描き方。
うんちさん用だから回れ右してもらってかまわない。




使ってる筆
・主に水彩筆(平筆)
厚塗り2

特徴:つねにぼやぼやした感じ。他の色と混ざってくれるから光の混ざり合いとかで違和感が減る。

強い色が出にくいから、線があとで邪魔にならない。平筆にしてるのは、質感が出しやすいから。
逆に、あんまり濃度低すぎると抽象すぎる絵になる。


・ぼかし
厚塗り3

特徴:周りの色と混ぜ合わせる。質感が減り、いわゆるCG絵になりやすい。

自分は強い色を水彩でおいて、ぼかして、水彩でまた質感を出すっていう手段が多い。


・エアブラシ
厚塗り4

特徴:全体に色を乗せる。

全体の色が偏ってる時に使う。


顔についてはこのメイキングがおすすめ↓

読み込みが遅かったら→コチラ

骨の位置に青を置き、肉というか血の気が多いところに赤を置くというのがすごくわかりやすい。


最近になって思ったのは
模写で重要なのは色そのものではなく、色の変化(影)と顔みたく顔によって赤みのある部分とかを見ることだと思った。
元がどんな色なのかは時と場合で全然違うだろうし。



おしまい。

この記事へのトラックバックURL
http://vector2009.blog99.fc2.com/tb.php/457-2facbeac
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可